隠れ家的なサロンで至福のひとときを…

宝石療法?!

皆さんお元気ですか

朝・晩はずいぶん冷え込んできましたね
体調壊しやすい時期ですが、お変わりありませんでしょうか??

ここ最近、手首にストーンをつけてらっしゃる方を良く見かけます
ピンクやグリーンやブルーなどなどお色も様々
よく耳にするのは恋愛パワーが欲しいときはピンクのストーンが
と、色やストーンの種類によって意味があるみたいですね


今日はアーユルヴェーダにおける 「宝石療法」 についてのお話
アーユルヴェーダ医学では特定の病気を治すのに、
特有の治癒力を持つ宝石やクリスタルが使われる場合があります
石の力ってスゴイですね

例えば・・・
   リウマチと筋骨のトラブル    赤サンゴ・エメラルド・ルビー
   神経系の疾患    ダークブルーサファイア
   ヒステリーなどの精神障害    夜はエメラルド・日中は赤サンゴ
 のように、肌身につけると、その治癒エネルギーを取り込むことができます


また、ドーシャをコントロールするにも使うことができるんです

 ヴァータ
    トパーズ・・・ヴァータが乱れていると不安や心配をかかえやすくなります。それをなだめてくれます
    アメジスト・・・心や頭がスッキリして、ヴァータのバランスをとってくれます
 ピッタ
    真珠・・・情緒に影響する病気を弱める力があり、イライラを感じやすいピッタにはピッタリ
    ムーンストーン・・・冷却効果があり、心身ともに穏やかにしてくれます
 カパ
    瑠璃・・・カパ型のゆっくりした波動を共鳴させてくれます
    ルビー・・・カパの乱れからくる兆候を抑えてくれます

何種類か石を挙げてみましたが、知らず知らずに身につけている方もいらっしゃるのではないでしょうか
あの小さな石にこんなパワーがっとビックリですね

もちろん、食生活などライフスタイルを見直し、運動をしたりで体質改善することが主にはなりますが、
このようなパワーストーンをつけて心身に対する悪影響をSTOPできたらいいですよね
お守りにもなりますね

皆さんも、自分だけのお守り探してみてください

濱中でした




スポンサーサイト

 | NEWSブログHOME | 

Web限定お得なクーポン
はじめての方にオススメ。アーユルヴェーダ堪能コース
本場インドで勉強

アールバールのスタッフは、アーユルヴェーダの本場インドで勉強しています!他店との違いを実感ください。

最近の記事

カテゴリ

Monthly

FC2Ad