FC2ブログ
隠れ家的なサロンで至福のひとときを…

アーマ(老廃物)を増やさない健康法♪

今日は、体内に老廃物をため込まない健康法をご紹介いたします

アーユルヴェーダでは、体が健康な状態を維持するためには
アーマ(老廃物)を体内に増やさないことが第一とされています。

アーマ(老廃物)は体内だけでなく、心にも溜まるといわれていて、
心のデトックス方法として、ヨガであったり、呼吸法・瞑想などがあります。

ストレスなどから生じたアーマ(老廃物)を排出される”瞑想”
これを日々生活に取り入れることで分裂しがちな心とカラダを一つに結び、
自分の内面に潜んでいる豊かな可能性を開花させることができると言われています。

瞑想・呼吸法というと・・・なんだか難しいように思いますが、
海外のセレブはみなこのような方法で、心のデトックスをしているとか。

海外セレブがやっていると聞くとなんだか自分もやってみよう~♪
と思い最近”瞑想”を始めてみました。

今日は私がインドで習った簡単な”瞑想”方法をご紹介します
これは、10分間ほどあればすぐできるので試してみてください。

まず、”瞑想”は、起床時や就寝時のベッドの中、お仕事中イスに座った状態でもできます。

イスに座った状態では、必ずしも姿勢を正す必要はありません。
体を動かしたくなったら、動いてもかまわないので、ひたすら自然体を貫く境地で緊張をほぐしましょう

インドのマントラ「フリーム」・・・ありがとう
         「シャンティー」・・・平和・希望

という言葉を心の中で気楽に繰り返します。
本来、マントラは瞑想の師より授かるものです。
マントラは「ありがとう」のようなポジティブな短い言葉がいいとされています。
まずは気軽に自分で決めたマントラを唱えることをおすすめします。

”瞑想”を始めると、体からスッと余分な力が抜け、内なる本来の自分と交流を始めます。
このとき、人は無意識に自分とは何か・なぜ生まれてきたのかと、自己の原点を見つめていることになります。

海外では、「成功者で”瞑想”をしない人はいない」ともいわれているほど、
”瞑想”は、心をコントロールすることができ、自分らしさを発見することができすパワーを持つことができる
唯一の心のデトックス法といわれています。
スポンサーサイト



 | NEWSブログHOME | 

Web限定お得なクーポン
はじめての方にオススメ。アーユルヴェーダ堪能コース
本場インドで勉強

アールバールのスタッフは、アーユルヴェーダの本場インドで勉強しています!他店との違いを実感ください。

最近の記事

カテゴリ

Monthly