隠れ家的なサロンで至福のひとときを…

理想の「美人体温」ご存じですか?

先日、美容の展示会へ行ってきて興味深いお話を聞いてきました


アールバールのお客様、冷え性の方、特に女性の方はたくさんいらっしゃいますが、
自覚されていない方も多数いらっしゃいます

「お身体冷えてますね~」とお話しても、

「私は汗かきだから、そうでもないよ」と・・・

確かに、そうおっしゃる方は、マッサージ中にたくさんの汗をかかれます。

でも・・・それはお顔からだったり、背中からだったり、上半身からは汗ってかきやすいんでよね

しかし、足や、腰・下半身を触ってみると、冷え冷えだったりするんです


実際、
あなたの平熱は何度ですか?

という問いに、平熱が36度以下「低体温」の方が増えているとか。

では、ご自分が低体温かわからないという方は、ぜひ、下の項目をチェくしてみてください



□肌や髪にハリ・ツヤがない

□朝の目覚めがよくない

□夕方になると脚がむくむ

□セルライトがある

□あまり食べてないのに太る

□手足が冷たい

□風邪などの病気にかかりやすい

□生理不順など婦人科系の病気がある

□イライラして他人にあたってしまう

□気分が落ち込みがちである



どうですか???

チェックが多い方ほど、「低体温」の可能性が高くなります。

わたしはというと・・・
思い当たる項目がたくさん。


では、体温が下がるとどのようなことと関係してくるのか。

まず、体温と免疫力はとても深く関係しているそう。
理想は、36.5度と言われていますが、体温が1℃下がると、
なんと免疫力が30~40パーセント低下するのです。

特に、ガン細胞は35度前半になると増殖しやすくなると言われています。

逆に、病気のとき熱が上がるのも、まさに体温が免疫力と関係している証拠。
発熱することで身体は自ら体温を上げ、血流をよくしてウイルスなどを排除しようと働くそうです

このように「体温」が下がると他にもたくさんデメリットがあります。

まずは、36度以下にならないよう、
日々、体温を測ることを習慣づけ、自分自身の平熱を知ることから始めてみたいと思います。

スポンサーサイト

 | NEWSブログHOME | 

Web限定お得なクーポン
はじめての方にオススメ。アーユルヴェーダ堪能コース
本場インドで勉強

アールバールのスタッフは、アーユルヴェーダの本場インドで勉強しています!他店との違いを実感ください。

最近の記事

カテゴリ

Monthly

FC2Ad